募集される際に求められる力

企業において、プロジェクトチームによる仕事が行われる場合に、そのチームメンバーとしてフリーランスの人材が募集される場合があります。こういった際に、自社の人材ではなく外部から人材を取り入れるケースとして多いのは、自社内に適切なスキルや能力を持った人材が不足していることに加え、新たに正規雇用の人材募集をしても、その人材の将来的な必要性が低いというものででしょう。そのため、フリーランスの人材に求められているのは求人募集において念が押されているスキルや能力を生かしてできる専門的な仕事そのものとなります。
自分が専門家としての役割を果たせば良いという点において容易ではあるものの、要求されるレベルも高いことには留意が必要です。一方、企業側の意図としてそのフリーランスの人材が担っている仕事を同じプロジェクトチームのメンバーの誰かが学んで担えるようになることを想定している場合もあります。そういった場合には指導者としての役割も求められることになるでしょう。特に専門分野が近い人材が社内にいる場合にはそういった指導を受ける人材として抜擢され、指導の対象としてフリーランサーにあてがわれるケースが多いようです。ただ一時的にプロジェクトの進行のために必要になったという場合にはこういった指導は担う必要がなく、与えられた専門的な仕事に勤しむことになります。そのため、得手不得手によって指導を担う必要がある案件かを調べることは重要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です